ボトックス注射で、表情筋の収縮、拘縮を弛緩し、眉間や目尻、おでこ(額)などの「しわ」を改善|美容外科・美容皮膚科・婦人科形成

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-11-21 Newno自由が丘4階
03-6421-4073
LINE Instagram Instagram YouTube公式チャンネル
ヘッダー画像

ボトックス注射

ボトックス注射で、表情筋の収縮、拘縮を弛緩し、眉間や目尻、おでこ(額)などの「しわ」を改善|美容外科・美容皮膚科・婦人科形成

ボトックス注射について

ボツリヌス毒素製剤(ボトックス注射)

ボツリヌス毒素製剤(ボトックス注射)

ボトックスの筋弛緩作用による「しわ予防としわ治療」

表情をつくる筋肉の収縮を弱めることで、眉をしかめた時にできる眉間のしわや笑った時にできる目尻のしわなどが生じるのを抑えることができます。 このことにより、繰り返し筋肉が動くことで、だんだんと深く刻まれるしわの予防ができます。

ボトックス注射による治療

眉間または目尻の表情じわは、顔面の皺眉筋と鼻根筋とよばれる筋肉、目尻の場合は眼輪筋とよばれる筋肉が表情を作るときに強く収縮することによって皮膚にしわとして現れているものです。
しわの原因となっている筋肉が収縮する力を弱め、眉間または目尻にできるしわを緩和します。

ボトックスビスタ®

1989 年にアメリカで最初に医薬品として承認され、現在は米国、イギリス、ドイツ、フランスをはじめ世 界 98 ヵ国で承認され、広く使用されている薬剤です。日本でも 2009 年 1 月に「65 歳未満の成人における眉間の表情じわ」を効能・効果として、また 2016 年 5 月には「65 歳未満の成人における目尻の表情じわ」を効能・効果の追加とし て、国の承認を得た唯一の薬剤で、定められた資格を持つ医師のみが投与することができます。

ボツラックス

「ボトックスビスタ」のジェネリック医薬品(後発医薬品)にあたるため、ボトックスビスタよりも安価で受けることが可能です。

ボトックス注射の特徴

  • 「眉間または目尻の表情じわ」を改善

    「眉間または目尻の表情じわ」を改善

    神経と筋肉の間では、アセチルコリンという化学伝達物質が放出されて神経の刺激が筋肉に伝わり筋肉が収縮します。「眉間または目尻の表情じわ」を形成する表情筋に注射することによって、筋肉の収縮を抑制し、 一定期間「眉間または目尻の表情じわ」を改善します。

  • 継続的な投与で効果を持続

    継続的な投与で効果を持続

    薬の効果は投与後 2~3 日目から現われ、通常 3~4 ヵ月持続します。その後時間の経過と共に効果が消失 し、投与前の状態に戻ります。再投与することによって同様の効果が現れます。

  • 薬剤はタンパク質が主成分

    薬剤はタンパク質が主成分

    治療を続けていくうちに、ごくまれに体内に抗体が作られ、効果が減弱する可能性があります。

  • 筋弛緩効果を利用

    筋弛緩効果を利用

    ふくらはぎに注入する脚痩せ効果、肩こり改善効果なども期待できます。

ボトックス注射の使用機器・薬剤

  • ボトックスビスタ(厚労省承認)

    米国アラガン社製
    A型ボツリヌス菌毒素製剤
    主に筋肉の収縮を防止する効果を持ちます。その効果を利用し、しわの予防、すでに刻まれてしまった表情じわの治療などに活用されています。
    注入後5日程度で効果を表し、約3~6ヶ月間持続します。

  • ボツラックス(MFDS:韓国食品医薬品安全省認証)

    韓国のヒューゲル社が開発・製造
    A型ボツリヌス菌毒素製剤
    「ボトックスビスタ」のジェネリック医薬品(後発医薬品)にあたるため、ボトックスビスタよりも安価で受けることが可能です。
    注入後5日程度で効果を表し、約3~6ヶ月間持続します。

ボトックス注射は、このような方にオススメ

  • しわが気になる方
  • ふくらはぎの筋肉が気になる方
  • 肩こりが酷い方

ボトックス注射のリスク・副作用について

アレルギー反応

表情がつくりにくくなる、左右非対称になるなど

皮膚がたるみやすくなる

ボトックス注射の治療の流れ

  • 治療前

    問診・診察・カウンセリング

    ※以下の方は、治療できない場合があります。
    ・妊娠、授乳中(妊娠の可能性がある場合も含む)の方
    ・神経疾患のある方
    ・筋萎縮性側索硬化症(ALS)の方
    ・重症筋無力症の方
    ・ランバード・イートン症候群などにかかっている方
    ・高齢の方
    ・ボトックス製剤にアレルギーのある方
    ・喘息などの慢性的な呼吸器疾患のある方
    ・閉塞隅角緑内障の方
    ※問診の内容、医師の診察時の総合的な判断により治療できない場合があります。

  • 治療当日

    治療の流れ

    消毒をします。
    ボトックス注射をします。
    ※定期的に治療を行うことで効果を高めることができます。

    アフターケアのご説明

    他の美容施術との併用

    施術直後は、患部を刺激するような治療は控えるようにしてください。

    アフターケアのご説明

    施術をした当日からメイク可能です。
    ※施術をした患部は刺激を与えないようにしてください。

  • 治療後

    治療後の過ごし方について

    「強いマッサージ」、「激しい運動」、「過度な飲酒や喫煙」などは控えてください。

ボトックス注射のよくあるご質問

  • Q
    ボトックスって何?
    A
    ボトックスは、ボツリヌス菌が産生する毒素を加工して作られた医薬品で、以前から顔面神経痙攣や筋緊張生萎縮などの疾患に適応されてきました。偶然、表情筋によるしわが消失することも発見され、美容外科領域に応用されることになりました。
    ボトックスを注射すると、その局所の末梢神経の枝からの命令が筋肉や汗腺などの組織や器官に伝わりにくくなり、一部の筋肉や汗腺が働かなくなります。すると表情筋によるしわでは消失したり目立たなくなったりし、多汗症も改善され、エラ張りの元となる咬筋がスッキリとして小顔になっていきます。
    しかし3ヶ月~6ヶ月もすると、注入された成分が分解され、筋肉の動きが徐々に回復していきます。咬筋へのボトックス注射は、効き目の出方が他とは異なり、効果が現れるまで2~3週間位であらわれ、一度スッキリしたエラは特に咬筋を鍛えない限りなかなか太くなってこないばかりか、歯ぎしりも改善されます。効果が完全に切れる前に再度治療を受けることで、効果の持続時間を延長することが可能です。
  • Q
    ボトックスの効果は?
    A
    額や目尻のしわに対しては、フェイスリフトの手術を受けたのと同じくらいの効果があります。また、咬筋へのボトックス注射は個人差がありますが、奥歯を噛みしめたときにエラがよく張り出す人にとっては、エラ骨削りや脂肪吸引以上の効果があります。多汗症に対しても、一時的ですが、汗の減少効果が期待できます。
  • Q
    ボトックスにリスクはありますか?
    A
    注入部位が多少黄色くなったり赤くなる程度ですが施術後お化粧などでごまかすことができ、通常2~3日で消失します。腫れや青アザ(内出血)がある場合にも、洗顔時にその部位をあまり擦らず、当日のみ入浴や飲酒を控えてシャワー程度にしておいた方が無難です。顔面の注射する部位によっては、特定の表情がしづらくなることがあります。妊娠や授乳中の方には注射ができないばかりか、他の薬と同様、安全性が未確認との理由で注射の後も、念のため最低作用期間である3ヶ月間は妊娠や授乳を避けることになっています。

未承認機器・医薬品の掲載に関して

未承認医薬品

  • ボツラックス

医薬品医療機器等法上の承認を得ていない未承認医療機器です。

入手経路

国内代理店経由になります。

国内の承認医薬品等の有無

同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。

諸外国における安全性等に係る情報

  • ボツラックス

MFDS(韓国食品医薬品安全省)認証

アレルギー反応、内出血・赤み・腫れ・痒み、注射の痛み、表情が不自然になる、違和感、倦怠感、効果が徐々になくなる等

ボトックス注射の料金

Page top