目の下のクマ取りで、様々なクマを改善|美容外科・美容皮膚科・婦人科形成

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-11-21 Newno自由が丘4階
03-6421-4073
LINE Instagram Instagram YouTube公式チャンネル
ヘッダー画像

目の下のクマ取り

目の下のクマ取りで、様々なクマを改善|美容外科・美容皮膚科・婦人科形成

目の下のクマ取りについて

切らないクマ取り治療

クマ取り治療は、目の下の膨らみやたるみが原因でできた目の下のクマを改善させる治療

加齢とともに、皮膚、皮下組織、筋肉、骨格などのボリュームが減ってきたり、ハリがなくなってたるんできたりすると、眼球を包んでいる脂肪(眼窩脂肪)が下がってきて、また支えが緩んできたために前に出てきてしまい、膨らみになって目の下のクマになります。その脂肪の膨らみを、結膜側から小さな穴を開けて取り除くのが、切らないクマ取りです。メスを使わずに、皮膚を傷つけることなく、あかんベーをした時に見える目の下の粘膜側からアプローチしますので、傷跡の心配もありません。
また、小じわや凹み、血管や筋肉の色が透けて見える赤クマや青クマを伴うことも多く、クマ取りとあわせて、脂肪注入を併用する方が多いです。凹みには脂肪注入、小じわや色味の改善にはナノリッチ注入を併用することで、改善が期待できます。

また、涙袋が目の下のくまの原因の脂肪に埋もれてしまっている場合も少なくなく、クマ取りを行った結果、涙袋が綺麗に出てくる場合があります。涙袋がなく、欲しい方は診察を受けてみてください。目の下のクマが原因のこともあります。

切らないクマ取り治療

目の下のクマ取りの特徴

  • 目の下のクマ取り治療について

    加齢が原因で眼球の重みを支える筋肉が衰えて眼球が下垂し、その重さによって眼窩脂肪が前面に押し出されます。

    このふくらみがあることで老けて見えたり、ふくらみの影がクマとなって周囲に暗い印象を与えたりします。

    切らない目の下のふくらみ・クマ取りは、ふくらみの原因となっている眼窩脂肪を除去する手術です。

  • 目の下のクマ取り治療に併用することが多い治療

    コンデンスリッチフェイス(脂肪注入)

    目の下〜ゴルゴにかけての凹みや、ボリュームが足りないところに自分自身の脂肪を注入する治療法です。自分自身の脂肪を採取し、遠心分離して濃縮させ、脂肪に含まれる余分な麻酔液や血液、不純物を除去します。それを注射器を使用してボリュームを足したい箇所に注入します。注入方法は、しこりになりにくいように、手術方法を工夫しています。加齢とともにボリュームロスを生じているので、ふっくらさせることで若返り効果が出ます。目の下の凹みにはヒアルロン酸を併用する方法もありますが、それに対して脂肪注入は、自分自身の組織であり異物ではないという安心・安全さ、ヒアルロン酸のリスクである皮下の青白い透け感(チンダル現象)が出ない、一旦脂肪細胞が定着すると半永久的であり持続性が長い、というメリットがあります。注入した脂肪の約60〜70%が定着します。約3ヶ月で仕上がりが安定します。

    こんな方におすすめ

    目の下や目の上のくぼみを改善させたい方
    目の下〜ゴルゴの凹みがある方
    ヒアルロン酸などの異物を入れたくない方
    ダウンタイム(1〜2週間程度)が問題ない方
    ダウンタイムよりも効果がなるべく持続する、長持ちする治療を希望する方
    お肌全体の若返り、アンチエイジングを希望する方
    目の下の肌のハリを改善させたい方

    副作用・リスク

    腫れ・内出血:1〜2週間 
    熱感・痒み・左右差・しこり、触ると固い、膨らみや凹み具合などの仕上がりに満足できない・小じわやたるみが残る、または増加する・吸引部の皮膚が硬くなる、凹凸になる・施術箇所の知覚の麻痺・鈍さ、しびれ・皮膚の色素沈着などを生じることがあります。

    ナノリッチ脂肪幹細胞注入

    目の下の小じわの改善、赤くまや青くまの色味の改善、肌質そのものをを若返らせる治療です。自分自身の脂肪を採取、その場で加工してナノ化し、注入する治療です。自分自身の脂肪の中にある、幹細胞による肌再生が期待できます。目の下の凹みや小じわにはヒアルロン酸を併用する方法もありますが、目の下の小じわはヒアルロン酸を注入すると、皮下の青白い透け感(チンダル現象)が出やすいため、ヒアルロン酸による治療は難しいです。そのため、ナノリッチ脂肪幹細胞注入法であれば、色も自然です。

    こんな方におすすめ

    目の下に小じわがある方
    青くまや赤くまの色味によるくまがある方
    ヒアルロン酸などの異物を入れたくない方
    ダウンタイム(1〜2週間程度)が問題ない方
    ダウンタイムよりも効果がなるべく持続する、長持ちする治療を希望する方
    お肌全体の若返り、アンチエイジングを希望する方
    目の下の肌のハリを改善させたい方

    副作用・リスク

    腫れ・内出血:1〜2週間
    熱感・痒み・左右差・膨らみや凹み具合などの仕上がりに満足できない・小じわやたるみが残る、または増加する・吸引部の皮膚が硬くなる、凹凸になる・施術箇所の知覚の麻痺・鈍さ、しびれ・皮膚の色素沈着・しこりなどを生じることがあります。

  • 効果と特徴

    目の下のクマの原因の脂肪を取り除くことで、くまを改善させることができます。一度取り除けば、再発することはゼロではありませんが、少ないです。再発しづらいように手術時に工夫を行っております。
    目の下のクマは加齢とともに悪化することがあります。悪化しすぎると、皮膚のたるみが強くなってしまい、切らないクマ取りでは改善できず切る手術が必要になります。悪化しすぎないうちに早めにくま取りをする方が、ダウンタイムや痛みは少なくて済みます。
    クマ取りをすることによって、影くまの影の黒い色味は改善し、目の下の凹凸がフラットになります。血管や筋肉の色が透けて見える赤くまや青くまを改善させるには、脂肪注入の治療の併用が必要になってきます。
    目の下にクマがあると、疲れて見えたり、寝不足にみられたりします。クマ取りでクマがなくなると、元気に見えたり、若返って見える効果があります。

目の下のクマ取りは、このような方にオススメ

  • 目の下のクマが気になっている方
  • 目の下の凹凸が気になっている方
  • 目の下の小じわや色(赤クマや青クマ)が気になっている方
  • 加齢によって目の下のクマやたるみが大きくなってきた方
  • 疲れて見えたり、老けて見られてしまい、若々しい目元になりたい方

目の下のクマ取りのリスク・副作用について

腫れ・内出血:1〜2週間

熱感・痒み・まぶたが凹みすぎたと感じる・左右差・膨らみや凹み具合などの仕上がりに満足できない・目がゴロゴロする・小じわやたるみが残る、または増加するなどを生じることがあります。

目の下のクマ取りの治療の流れ

  • 治療前

    問診・診察・カウンセリング

    ※以下の方は、治療できない場合があります。
    ・妊娠、授乳中(妊娠の可能性がある場合も含む)の方
    ・ペースメーカーを使用している方
    ・施術部位に、シリコン、金属糸、金属プレートが入っている方
    ・施術部位に感染症、傷、皮膚疾患がある方
    ・ケロイド体質の方

    ※問診の内容、医師の診察時の総合的な判断により治療できない場合があります。

  • 治療当日

    治療の流れ

    施術の際は、直前にメイクを落としていただきます。 施術部位を照射します。

    アフターケアのご説明
    施術をした当日からメイク可能です。

    他の美容施術との併用

    施術直後は、レーザーなどの施術を控えるようにしてください。
    内出血が生じた場合にも、消失するまでは安静にしてください。

    アフターケアのご説明

    施術をした患部を除いて頂ければ、当日からメイクをしても問題はありません。
    当日からシャワーや入浴もできますが、施術をした患部は刺激を与えないようにしてください。

  • 治療後

    治療後の過ごし方について

    目の下のクマ取り後は、「強いマッサージ」、「激しい運動」、「過度な飲酒や喫煙」などは控えてください。

目の下のクマ取りのよくあるご質問

  • Q
    目の下のクマやたるみに対して経結膜脱脂法をせずに脂肪注入をすることは可能ですか?
    A
    可能です。目の下の脂肪注入が出来ない人はあまりいません。
    しかしながら、脂肪注入の効果がどの程度出るかという点においては経結膜脱脂法を併用した方が効果的なこともあります。

目の下のクマ取りの料金

Page top